ありったけ大きな
希望の”ひかり”を
”うた”にのせて
 
2020年クリスマスの日は
音楽で”ひとつ”になろう

音楽産業が厳しい環境に置かれた 2020 年

それでもひたむきに音楽の持つ力を信じ、追い続けてきたディレクター鬼無亮仁と AKchior が「Mujic is Life」への純粋で熱い想いを一曲一曲に込めてお届けします! 才能あふれる豪華バンド陣も加わり、共鳴、共有、歓喜、融合という一体感の世界、圧巻のステージをどうぞお楽しみに!! 
 
 

 

日時

2020年12月25日(金)

18:30開場 / 19:00開演 / 20:15終演予定



出演

 AKchoir ( コーラス )  鬼無亮仁 ( 歌・指揮 )

後藤綾太 ( ギター )  櫻井大介(キーボード)

織原洋子(キーボード) 大塚雄士(ドラム) 伊藤達哉(ベース)

 Cユ タツヤ ( ダンス )  Miyuu( 舞 )

場所

きゅりあん大ホール

JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 大井町駅徒歩1分

大切なお願い

以下より、新型コロナウイルス感染症防止対策をご確認いただき、ご了承の上、お申し込みください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関しての取り組みとお客様へのお願い

当日はお花や出演者へのプレゼントは一切お断りさせていただきます。

予めご了承くださいませ。

また、終演後に出演者とお客様との交流なども予定しておりません。

ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

チケット

【チケットぴあ】にて11月21日発売!

全席指定 / S席4500円・A席4000円

チケットお申し込みはこちら

Pコード:190223

お問い合わせ

AKchoir Christmas Lights 2020実行委員会

メール:info@akchoir.com

お電話:090-6039-3913

 map/地図

 

チケット 11月21日発売!

チケットぴあウェブサイトからお申し込み
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=203…
Pコード:190223

 
セブンイレブンでの購入方法
https://t.pia.jp/guide/sej-t.jsp
 

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関しての取り組みとご来場のお客様への大切なお願い

https://www.akchoir.com/1413.html

 出演者紹介

AKchoir

ディレクター鬼無亮仁が指揮を取る革新的パフォーミング集団。2003年活動開始、現在籍メンバーは89名。海外ではリトアニア2都市公演、国内では出雲大社奉納演奏で大きな反響を得る。2019年横浜クリスマスライブはチケットソールドアウト。
アカペラ・ゴスペル・ロック・民族音楽などジャンルを超えたコラボレーションを変容性を持って確立し、「合唱」という芸術で奏でる。岡山国際音楽祭2020の総合部門において銀賞を受賞。音楽的評価も受けながら、合唱音楽の本質的な喜びと力を共有し、多くの人々の心に感動と幸福を生み出すことを信念とし、日本を代表する国際的ショークワイアとして急速な支持を獲得している

鬼無亮仁

指揮 / 1983年 香川県出身
東京藝術大学声楽科卒。合唱指導者。
オペラ舞台にて声楽家として活躍中、交通事故で顎と口腔内を骨折。臨死体験をし一時的に声を失うが、病床で進むべき新しい道を見出す。
2003年クラッシックとゴスペルを融合したコーラスグループを結成、指導者としての道を歩み続け、現在はMujic is Lifeがテーマの「AKchior」代表として活動、メンバーは現在89名。
人間が本来持つ一人一人のこえを導き出す手法と、譜面が読めなくても自然と歌えるようになる独自の指導方法に定評がある。
 

伊東達哉

Bass / 1986年 埼玉県出身
音楽学校メーザー・ハウス卒。
ロックバンドや吹奏楽などの経験を経て、ライブサポート、ツアー、レコーディング、MV撮影、TV収録等に参加。
また、エレキベースとコントラバスの演奏のみならず、作曲や作詞、アレンジ も行う。
 
○LIVE
平井大、乃木坂46、フィッシャーズ、加山雄三、コレサワ、センラ、すみれ、IMALU、朝夏まなと、小林太郎 など 他にも東宝やホリプロのミュージカルや宝塚歌劇団のオーケストラにも多数参加。
○REC
平井大、森崎ウィン、ナオト・インティラ イミ、湘南乃風、ファンキー加藤、雨宮天、柿原徹也、Che'Nelle、すみれ、近藤晃央、 ダイスケ、XOX、清水理子、hitomi、横山ルリカ、B2takes!、指田フミヤ など
 
詳しくはこちら


 

大塚雄士

Drums / 1986年 神奈川県出身
幼い頃から父親が家で流すジャズやポップスを聴いて育ち、 中学生の頃に出会ったMr.Childrenの影響でギター、ドラムを始める。
「歌に寄り添い、歌を生かす演奏」を信条に、ジャンルや奏法に縛られない自由なプレイスタイルで数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加する。
 
 【サポートアーティスト】
あいみょん / NakamuraEmi / 大原櫻子 / 矢野まき / Anly / 上白石萌音 etc.
 
詳しくはこちら

 

織原洋子

Keyboard / 
2008年テイチクエンターテイメントタクミノートレーベルより女子ジャズバンドbiancaでデビュー。
松尾スズキ演出、松雪泰子、阿部サダヲ出演ミュージカルキャバレーでの演奏や、さいたまアリーナで行われたアニメロサマーライブのホストバンドを務める。ディズニーシーでの演奏、CMやドラマのピアノ演奏、ポップス、ソウル、ファンク、ジャズ、アニソン、フォーク等幅広いジャンルにて活動中。
教則本「スタジオミュージシャン厳選 すぐに使えるキーボード・バッキングまる覚え」を出版。
2019年に来日したJulian Burdock、Chazzy Greenと共演。
 
 【サポートアーティスト】
土屋礼央(RAG FAIR)、高橋愛(モーニング娘。)、田中れいな(モーニング娘。)、矢島舞美(℃-ute)、穐田 和恵(SDN48)、NOKKO(レベッカ)、小橋琢人(FIELD OF VIEW)、黒沢健一(LR)、當山奈央(buzy)、園まり(三人娘)、西島三重子、羽岡仁、その他。
 
詳しくはこちら


 

後藤綾太

Guitarist /Produce /Arrange
ベーシストの父の影響で幼いころからギターを弾き始め、中学時代に音楽活動開始。
16歳でNHK音楽番組にてブルースのロバートジョンソンの名曲、クリームの「クロスロード」を演奏。エイベックス、ソニー、などのアーティストのLiveサポート、レコーディング、アレンジ、バンマスを務める。2011年単身、英国ロンドンに渡り、数多くのアーティストとセッション・Liveを展開。
R&B.Soul,Gospelのレジェンド、 ボビーウーマックとロンドンで出会い、親交を深め、セッションを展開。ルーツ音楽ではフォークロックのレジェンド、あがた森魚さんのレコーディング参加。
2017年からボビーウーマックが他界してからもバンドメンバーと親交が続き、米国ロサンゼルスと活動の幅が増え、定期的に渡米し海外アーティストのLiveサポート、フェス,レコーディングを展開中。
 
詳しくはこちら


 

櫻井大介

Keyboerd / 1974年
幼少の頃よりピアノを始める。学生時代は工業デザインを専攻。卒業後、仲間に誘われBahaha Orchestraを結成。2002年よりライブツアー等のミュージシャンとしての活動をスタート。現在までアーティストのライブ、レコーディングサポートのみならず、作編曲もこなす。
 
 【サポートアーティスト】
森山直太朗、倖田來未、宇崎竜童、森高千里、SHINee、BoA、小柳ゆき、岡本真夜、美川憲一、川畑要、遊佐未森ほか
 
詳しくはこちら

 

Miyuu

舞ひ手 / 
大自然と一体となり、祈り・舞ひ・踊る、異色の舞ひ手。2013年より日本各地で神社を中心に多くの舞台に立つ。毎回AKchoirのステージにおいて、舞ひ手として重要な役割を担う。 
 
【経歴 -抜粋-】
出雲大社・箱根神社・丹生都比売神社・宗像大社・戸隠神社・ 筥崎宮・祐徳稲荷神社・下鴨神社にて奉納の舞
David T.S Martinez氏プロデュース公演 神波シリーズ(神波ssion・神波thyKAMI NAMI 神奏KAMI KANADE)出演
 

Cュ タツヤ

バスクリン きき湯CM 主役出演中。
振付師として、PV「MOFU MOFU☆DOGS」が、PRアワードアジア2017金賞、国際PR協会GWAにて2部門トップ賞と、神奈川県「RESPECT DAP-ともに生きる社会かながわ憲章」が、スイスGolden Award of Montreux 2020ファイナリスト選出。
これまでに、CM・映画・PVの振付・出演など100本以上に関わる。 
東京大学教育学部でゲストアーティストや講師をつとめる。駒場博物館・池袋サンシャイン水族館にてダンスと融合させた新たなスタイルのワークショップを手掛ける。 
 60億人プロジェクト」主宰。ダンスは世界共通の平和コミュニケーションがテーマ。誰もが自由に自分のダンスを踊れたら世界はもっと優しくなるだろう。
詳しくはこちら